消防行政

避難訓練

生活支援センターこころん様にて避難訓練が行われました。

この避難訓練は、防火管理者の選任が必要な防火対象物は避難訓練の実施が義務となっています。

万が一に備え訓練を実施しましょう!

 

避難訓練

敷地内から火災が発生したという想定で訓練が行われました。

火災発見から初期消火、消防機関へ通報する火災報知設備を使用した119番通報、避難誘導という流れで行われ、

意義ある避難訓練となりました。

 

 

消火器の取扱い訓練

訓練用の水消火器(※)という、中に粉末ではなく水が入っている消火器を使用しました。

その後に、廃棄予定だった粉末ABC消火器で訓練を行いました。

 

※ 訓練用の水消火器について

 貸し出しが可能です。

体験されたい方や、避難訓練で使用されたい方は、最寄りの消防署・分署まで是非お問い合わせください。

 H300320避難訓練01

 

 

心肺蘇生法の訓練

避難訓練の後は、心肺蘇生法とAED(※)の取扱い方を訓練しました。

訓練に使用した蘇生訓練用人形は、胸骨圧迫や人工呼吸の吹き込み、気道確保など、心肺蘇生の手技を訓練できます。

 

当消防本部では、定期普通救命講習を開催しております。 

どなたでも参加できますので、興味のある方はページ下部の関連ページをご覧ください。

また、定期普通救命講習以外の救命講習については、各消防署にご相談ください。

H300320避難訓練03

 

※ AED(Automated External Defibrillator)

自動体外式除細動器と言います。

パッドを傷病者に貼ることで、自動的に心電図の解析を行い、心室細動を検出した際は除細動を行う医療機器です。

動作が自動化されているので、施術者が一般の方々でも使用できるよう設計されています。

AED0AED1

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹消防署です。

〒969-0222 福島県西白河郡矢吹町八幡町452番地

電話番号:0248-42-3762

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る