1. ホーム>
  2. 消防行政>
  3. 矢吹消防署管内>
  4. お知らせ>
  5. 活動報告>
  6. 平成29年度>
  7. 平成29年度春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練

消防行政

平成29年度春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練

春の火災予防運動の一環行事として、中島村で署団合同火災防御訓練が実施されました。

この訓練は、地域住民の防火意識の高揚、消防活動の技術向上並びに実施機関の相互の連携を図ることを目的としています。

 

《春季全国火災予防運動》 

全国統一防火標語『火の用心 ことばを形に 習慣に』

火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災予防意識の一層の普及を図ることで、火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を

減少させるとともに、大切な財産を火災から守ることを目的として、毎年この時期に実施しているものです。

火災防御訓練・避難介助訓練

平成30年春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練(1) 平成30年春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練 放水 平成30年春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練(避難介助訓練)

今回、中島村では特別養護老人ホームひかりの里にご協力いただき、ひかりの里裏手の林で火災が発生し、強風により建物に延焼拡大するという

想定のもと、中島村消防団(車両6台)、中島村役場(車両1台)が相互に連携し放水訓練を実施しました。

また、放水訓練と同時に、ひかりの里の要援護者を中島村消防団が施設内から車椅子で屋外へ避難させる避難介助訓練が行われました。

消火器取扱い体験

訓練終了後は、初期消火に有効な消火器の知識を深めていただくため、地域住民の方々に消火器の性能及び使用方法の説明を行い、実際に取扱いを

体験していただきました。

平成30年春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練(水消火器))

※今回使用した消火器は訓練用の水消火器で、中には水が充てんされています。

訓練用水消火器は貸出しができますので、体験を希望する方は最寄の消防署・分署までお問い合わせください。

住宅用火災警報器設置のPR活動

地域住民の方々へ住宅用火災警報器のリーフレットを配布し、適切な設置と維持管理について説明を行いました。

平成30年春季火災予防運動に伴う署団合同火災防御訓練 住警器PR 

消防法により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。
火災から大切な命や財産を守るため、早期に設置しましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹消防署です。

〒969-0222 福島県西白河郡矢吹町八幡町452番地

電話番号:0248-42-3762

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る