1. ホーム>
  2. 消防行政>
  3. 矢吹消防署管内>
  4. お知らせ>
  5. 活動報告>
  6. 平成28年度>
  7. 平成28年度署団合同文化財火災防御訓練

消防行政

平成28年度署団合同文化財火災防御訓練

文化財防火デー(※)に因み、中島村の消防団と矢吹消防署泉崎中島分署が合同で訓練を行いました。

訓練の目的は、文化財を火災から守ろうという趣旨の下に実施し、迅速な連携活動と防御体制の確立、

機関運用及び中継送水技術の向上、地域住民の方々への防火意識及び文化財愛護思想の高揚を図ることです。

 

※文化財防火デー

平成29年は1月26日が文化財防火デーです。

これは昭和30年から始まり、毎年1月26日を中心に、全国で文化財防火運動を展開しています。

 

火災防御訓練

汗かき地蔵堂様にご協力頂き、敷地を訓練現場とさせて頂きました。

現場想定は、中島村大字滑津字代畑地内の汗かき地蔵堂の南側の枯草で火災が発生、

強風に煽られ汗かき地蔵堂への延焼拡大の恐れがある想定で行われました。

火災の発見者が、119番し消防署へ通報し、火の見櫓の半鐘を使用し家事ぶれを行いました。

その後、地域に防災無線が流れ、消防団が出動し、消火活動を行いました。

火事ぶれ

火の見櫓の半鐘を使用し、火事ぶれ(※)を行いました。

 

※火事ぶれ

周囲の人々に、火事が起きたことを知らせること。

H290122文化財防火デーの訓練現場

消防車両の出動から、放水を開始するまで

消防団が出動し、赤色灯の点灯とサイレンを鳴らした緊急走行で訓練現場に到着。

そして、西側の防火水槽と東側の地上式消火栓にそれぞれポンプ車が部署し、

小型ポンプを中継、火点直近に部署している別隊の小型ポンプに送水しました。

H290122文化財防火デーの消防団出動H290122文化財防火デーの消防団出動(2)

放水

火点直近に部署した小型ポンプに送られた水を使用し、消火活動にあたりました。

H290122文化財防火デーの放水

 

消火器取扱い体験

訓練終了後は、地域住民の方々へ、消火器(※)の取り扱い方を説明をし、体験して頂きました。

 

※消火器

今回使用した消火器は、水消火器という訓練用のもので、中には粉末ではなく水が入っています。

貸し出し可能ですので、体験されたい方は最寄の消防署・分署まで是非お問い合わせください。

H290122文化財防火デーの消火器説明(1)H290122文化財防火デーの消火器説明(2)

 

住宅用火災警報器設置のPR活動

訓練後は、地域住民の方々へ、住宅用火災警報器の資料等を配布し、設置の必要性を説明しました。

住宅用火災警報器については、以下の関連ページをご覧ください。

H290122文化財防火デーの住警器説明

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹消防署です。

〒969-0222 福島県西白河郡矢吹町八幡町452番地

電話番号:0248-42-3762

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る