消防行政

第23回救急の日記念事業

平成28年9月9日(※)、矢吹町文化センターで『第23回救急の日記念事業』(会田病院主催)が行われました。当消防署では心肺蘇生法の体験に協力しました。

 

※ 9月9日は救急の日です。この日は、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから、救急医療関係者の意識を高めるとともに、救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、昭和57年(1982年)に厚生労働省によって定められました。

 

表彰式

多くの方からご応募頂いた、救急に関するポスター、標語、書道を展示し、表彰式を行いました。

H280909救急の日表彰式00

 

講演

公益財団法人東京都保健医療公社副理事長の佐々木勝先生による「一般市民の応急手当」の公演がありました。平成28年4月に起きた熊本地震の被災地での話しにもふれ、応急手当の重要性や難しさ、また命の尊さを学ぶ有意義な時間となりました。

 

心肺蘇生法体験

会田病院看護部と当消防署により心肺蘇生法の体験を行いました。胸骨圧迫やAEDの取り扱いを、実際に想定される流れで体験して頂き、心肺蘇生法に対し理解を深めることができました。後半にはチーム分けをし、本日の成果を競い合いました。

 H280909救急の日心肺蘇生法H280909救急の日表彰式

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは矢吹消防署です。

〒969-0222 福島県西白河郡矢吹町八幡町452番地

電話番号:0248-42-3762

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る